WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

算数 正多角形の導入

正多角形の導入の授業をしました。流れはしましたが、山場が上手に作れなかった授業でした。

正多角形とそうでない図形(辺の長さは等しいが角の大きさが違う。またはその逆。線対称、点対称などきれいに見える図形)をいくつか提示し、くじを引かせました。このくじは、正多角形が当たりのくじです。当たりの形はどんな形かなと考えることを通して、正多角形とはどんな形なのかを考えることを想定しています。

反省したのは、すぐに見分けることができた子と、悩む子が一気に差が開いたことです。図形を一気に見せてしまったことで、分かる子はすぐに正多角形の特徴をノートに書いていました。

もし、図形を出すのを少しにしていたら、一気に差が開くことはなかったでしょう。悩んでいた子も、見る図形が限られることで、何に注目したら良いかが分かるでしょう。また、上位の子も、与えられた条件が少ないので、迷いが生まれるでしょう。そういった迷いを共有することで、みんなで学びを進めることができたと思います。もしかしたら、「こんな図形があったら…」と、自分で図形を作る子が出てくるかもしれません。

教材の出し方1つでもまだまだ工夫できるなと反省しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。